月別アーカイブ: 2014年7月

キャッシング審査で重要な要素となる年収

お金を借りる場合には、あとで返済をしなければいけません。企業は、借入の申し込みがあったときに審査を行って借主が返済能力があるかを判断するのです。申し込みをする時には、氏名、住所、職業、年収、他社からの借入といった多くの項目を企業に提出しなくてはなりません。ここで、虚偽のデータがあった場合には審査におちる可能性もあるので、正確な情報を入力する必要があります。

キャッシングと年収は大きなかかわりを持っています。まず、キャッシングをする時には利用限度額と呼ばれるものが設定されます。これは、個人が融資を受ける場合に引き出すことができる現金の範囲です。50万円と決められたら、最高で50万円までしか融資を受けることができません。返済をして範囲に空きがでれば、その金額を再度利用することは可能です。

また、キャッシングには総量規制とよばれるものが導入されました。これは、年収の3分の1以上を借入ができないようにしたものです。過剰な借入を抑止するために導入されたシステムです。年収が300万円の人は100万円までしかキャッシングができないようになっているのです。正社員の人でも平均年収が300万円より上をいっている人は少ないでしょう。

つまり、多くの人が100万円未満までしか借入ができないようになったのです。しかし、総量規制の対象外の借入をすることもできるので一概にこの金額はあてはまりません。銀行で借入をする場合には総量規制の対象外です。